「子宝について」の記事一覧

子宝に恵まれる温泉って何処が有名?

子宝について

子宝に恵まれる温泉で有名な場所には、次のような所が挙げられます

・田沢温泉
・有馬温泉
・柳湯

長野県小県郡青木村にある田沢温泉は、昔から「子宝の湯」、「子持ち湯」、「子はらみ湯」といった名前でも知られている、昔から子宝に恵まれるとされている有名な温泉です。

温泉の効能も、不妊症や婦人病、月経異常に良いとされていますので、子供が欲しい際には是非一度足を運んでみると良いでしょう。

兵庫県神戸市にある有馬温泉も、昔から子宝の湯として有名です。

日本の三名泉の一つでもある有馬温泉の泉質は、慢性婦人病や不妊症に良いとされている「金泉」、「赤湯」、「銀泉」と分かれていますので、湯巡りとしても温泉を楽しむ事が出来ますね。

兵庫県城崎郡にある柳湯には鬼子母神が奉納されていて、子授けの湯とされています。

温泉の効能は、神経痛や五十肩、関節痛、冷え性、疲労回復と多岐に渡っていますが、子授けや安産のパワースポットとして人気があります。

温泉に入ると気分転換になりますし、何より身体が芯から温まります。

子宝に恵まれる為にも、温泉に入る事はとても効果的なのですね。

避妊しなかったら、すぐに子宝に恵まれるの?

子宝について

避妊しなかったらすぐに子宝に恵まれるというのは、間違いです。

避妊しているから妊娠しない、といった考え方は正しいのですが、その反対は正しくありません。

もし、避妊しなくてすぐに子宝に恵まれていたら、不妊治療など必要ありませんね。

子宝に恵まれなくて、悩む夫婦も居なくなるでしょう。

避妊しなかったらすぐに子宝に恵まれるというのは、何の異常もない健康な夫婦だけです。

それも、生理周期が安定している女性の場合で2割~3割程度、排卵日のタイミングを狙ったタイミング療法を行なって4割程度だと言われています。

また、これは正常なケースであって、女性側が高齢であったり男性側の精子の問題があったりすると、更に妊娠出来る可能性は低くなるでしょう。

もちろん、避妊しなければ子宝に恵まれる事もあります。

けれど、それは全ての方に共通する絶対的な事ではありませんので、もしすぐにでも子宝に恵まれたいと考えているのであれば、念の為に専門の機関できちんと検査されると安心ですね。

冷え性でも子宝に恵まれる?

子宝について

冷え性でも子宝に恵まれます。

けれど、冷え性だと妊娠し難い身体になっている事は確かです。

特に、女性に多いのが下半身の冷え性ですが、下半身が冷えているという事は、下半身の血液の巡りが悪くなっている、と言う事です。

下半身には、妊娠に重要な子宮や卵巣などの生殖器官がありますね。

それが冷えによって血流が悪くなると、機能が低下して不妊の原因となってしまう可能性があります。

それくらい、女性の冷え性は妊娠と大きく関係しているのです。

また、冷え性であるという事は自律神経が乱れている、とも言えます。

自律神経は体温を一定に保たせる働きも担っていますので、この働きが乱れていると冷え性になるのです。

妊娠する為には重要なホルモンバランスも、この自律神経によってコントロールされていますので、自律神経が乱れていれば不妊の原因になります。

冷え性を改善させる為には、自律神経の働きを良くしてあげる事が一番です。

ストレスを軽減させ、太陽の光を毎日浴びるようにして、毎日適度な運度を心掛けましょう。

これだけでも自律神経が安定し、冷え性も改善されて子宝に恵まれる可能性が高くなりますよ。

不妊治療をしたら、すぐ子宝に恵まれる?

子宝について

不妊治療をしたらすぐ子宝に恵まれる、といった事はありません。

不妊の治療を受ければ誰でもすぐに妊娠出来る、といったイメージがあって、子どもを作るタイミングを遅らせている御夫婦もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんな事はないのです。

子どもが欲しいのになかなか子宝に恵まれなくて検査をしたら、治療が必要だった。

それで治療を開始したけれど、それでも妊娠しない。

そのようなケースは多くありますが、原因のひとつとして女性側が高齢になっている事も考えられます

女性の場合、年齢を重ねるとどうしても卵子の質が悪くなりますし、子宮の機能も低下してしまうのです。

本当に子宝に恵まれたかったら、やはり早くから準備を始めておく事が重要です。

妊娠するには、タイミングの問題ももちろんあります。

けれど、不妊治療さえすれば子どもは出来る、といった安易な考えで子どもを作る時期を遅くすれば遅くした分だけ、子宝に恵まれたくなってもなかなか妊娠しない、といった事態になってしまうかもしれませんよ。

夫が頑張れば、子宝に恵まれる?

子宝について

夫が頑張れば子宝に恵まれる、といった事はありません。

それは、妊娠が夫だけの問題ではないからです。

子宝に恵まれたいと思っているならば、妻の方も妊娠に適した身体を作っておく事が必要です。

妻が不規則な食生活や生活習慣を続けていて、冷え性であったりホルモンのバランスが崩れたりしていればどうでしょう?

そんな状況では、いくら夫が頑張っていても、子宝に恵まれる可能性は低いと言えますね。

もちろん、妻の方も子どもが欲しくて常に妊娠しやすい身体作りをしているのに、夫の方が妊娠に対して無関心であるケースもあります。

そのような場合には、夫に頑張ってもらう事で子宝に恵まれる可能性が高くなる事は確かですので、まずは夫にお願いしてみましょう。

子宝に恵まれる為には、どちらか一方だけが頑張っても、結局それは無駄な努力に終わってしまう事が殆どです。

夫と妻の両方が協力し合う事で子宝に恵まれるのですから、その事だけは常に頭に入れておいて下さいね。

ページの先頭へ