不妊治療が逆効果なこともあるのかというと、逆効果になるケースもあるようです。

不妊治療を続けるのがつらくて一時的に中断したら妊娠できたとか、子供を諦めたら赤ちゃんを授かったという話もよく聞きます。

不妊治療は精神的にも肉体的にもストレスがたまりますから、止めることでそのストレスがなくなって妊娠できるということもあるのでしょう。

赤ちゃんがほしい!絶対に妊娠する!と気負わないことで、かえって妊娠しやすくなるのかもしれません。

ただ、夫婦のどちらかに何かしらの不妊の原因がある場合には、治療しないと妊娠しにくいわけですから、不妊治療を受けた方がいいです。

不妊治療を止めて妊娠できたという人も、それまでに行っていた不妊治療の効果によって妊娠しやすくなっていたのだと考えられます。

自然にまかせて赤ちゃんを授からなければ夫婦二人でいいと思えるのならともかく、できることなら子供がほしいと思っている場合には早めに不妊治療を始めてください。

もう少し後でいいかと先延ばしにしているうちに、間に合わなくなってしまうこともあるので、一日でも早く産婦人科に行きましょう。

関連記事