不妊治療って保険は使えるのかというと、使える治療と使えない治療があります。

医師に不妊症だと診断された場合には、検査や治療を受ける際の費用に保険が適用されて3割の自己負担で済むでしょう。

でも、全ての検査や治療に保険が適用されるわけではなく、検査や治療法によっては、全額自己負担しなくてはなりません。

例えば、超音波検査を受ける場合でも、タイミングや回数によっては保険が適用されずに自由診療になってしまうこともあります。

自由診療はそれぞれの医療機関が自由に価格を設定できるため、都心の有名不妊治療専門クリニックなどで受けると高くつくかもしれません。

一般不妊治療の範囲内であれば保険が適用されることになっていますが、排卵誘発剤を使う際にも、より効果が高いものを選択しようと思うと、自由診療になってしまうでしょう。

一般不妊治療に含まれない体外受精や顕微授精を行う場合には、その際に必要な検査や薬、施術にかかる費用の全てが自己負担になりますが、助成金制度を設けている自治体も少なくありません。

人工授精は検査や薬などには保険が適用されることも多く、1回あたり1万5千円から2万円程度の自己負担額になります。

高度生殖補助医療を受けないとしても、保険が適用される治療や検査だけでは十分な不妊治療は受けられないため、必要に応じて自由診療を選択する人が多いようです。

関連記事